ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2017年11月3日金曜日

『伝道の書に捧げる薔薇』ロジャー・ゼラズニイ|今日のSF


『伝道の書に捧げる薔薇』ロジャー・ゼラズニイである。 (ハヤカワ文庫 SF 215) 文庫 – 1976/11/13。

いくつかまとめてゼラズニイを読んでいるのだが、ゼラズニイとは好みが合わない部分がある。なので、著名な作家のわりに感心していないのだが、これだけは素晴らしく良かった。タイトルになってる中編。さすが代表作、ということろである。

他はとくにどうということのないものあれば、昔のSFはこうだったな、という懐古感のあるものもある。


伝道の書に捧げる薔薇 (ハヤカワ文庫 SF 215) 文庫 – 1976/11/13
ロジャー ゼラズニイ (著), 浅倉 久志 (翻訳), 峯岸 久 (翻訳)
内容紹介
火星の荒涼たる大地に刻み込まれた歴史と伝承――はじめて地球人としてその神秘を垣間見た若き詩人と、美しい舞姫との間に芽生えた、悲しくも美しい愛の詩「伝道の書に捧げる薔薇」、金星の大海原に潜む巨大魚竜イッキーとの死闘を詩的に描き、ネビュラ賞を受賞した「その顔はあまたの扉、その口はあまたの灯」など、アメリカン・ニュー・ウェーブを代表する作家ゼラズニイによる初期の代表作15篇を収録した珠玉の短篇集




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。