ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2017年9月24日日曜日

悪くも悪くも70年代:『わが名はコンラッド』ロジャー・ゼラズニイ|今日のSF


『わが名はコンラッド』ロジャー・ゼラズニイである。 (ハヤカワ文庫 SF 178) 文庫 – 1975/12。

確か、高校生の時に読んだ。 SFの名作のひとつなのであるが、読んだら昔読んだ時もあまり感心しなかったのを思い出した。

部分的には非常に良いところがあるのだが、まず表現が回りくどい。言い回しが詩的に凝りすぎている。読んでいると、たぶん、こういう文体が当時は天才っぽく見えた、才能があるように見えて、かっこよかったんだろうなあ、と見当がついた。

内容やプロットは悪くないので、もっと普通に書いてくれればいいんだけどな、と思う。部分的には感動した。70年代にこれが魅力的に感じられた部分が、古くなってしまった部分だろうと思う。

良くも悪くも70年代ではなくて、悪くも悪くも70年代。

わが名はコンラッド (ハヤカワ文庫 SF 178) 文庫 – 1975/12
ロジャー・ゼラズニイ (著), 小尾 芙佐 (翻訳)



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。