ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2017年9月3日日曜日

なかなか良い:『地球への追放者』K・H.シェール|今日のSF


『地球への追放者』K・H.シェールである。これも古いが、前回のラインスターよりはもう一息新しい1964年である。最近は『分厚い方が売れる』というベストセラーの法則が海外ではあるようで、どの本も厚いが、この頃はこういう短くて小気味が良い長編も多かった。とうぜん、値段も安いので、最初の頃は、こういうのをよく読んでいた。

これもなかなか良くて、無駄なく短くおもしろい。コーヒーを飲むと酔っ払うコメディリリーフの宇宙人のおっさんなども出てきて、楽しい娯楽作品になっている。

K・Hは、カール・ヘルベルトらしい。カール・ヘルベルト・シェールか。


*アシュト星人トロントゥルは非合法の科学実験を強行したために、未開発惑星「地球」に追放される。地球で彼のの存在を怪しんだのは、人間でもなく同胞のアシュト星人でもなく・・・地球の核問題も絡めた1964年のドイツSF作品(扉頁あらすじ・解説より)





にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。