ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2017年5月12日金曜日

あばらが足らぬ:笹塚で発見|壁新聞コレクター


壁新聞コレクター。笹塚で見つけた。

あばらが足らぬ。習字である。これはなんだろうか。たぶん、書いてある文章から見て、九十六歳のていさんが書いたと思われる。この家に住んでいるおばあさんが書いたのか、微笑ましいな……、となると、すぐに納得できるのだが、横の看板を見てもらいたい。

エネフィット。東京ガスの会社である。東京ガスの会社におばあさんが住んでいるのだろうか。フランチャイズ方式になっていて、自宅を改装して東京ガスの会社として使っているなら、おばあさんが住んでいてもおかしくはないが、よくわからない。

『九十六歳のていさん』という、『相田みつを』みたい人がいて、その習字エッセーが世間では流行っていて、それをここの社長が気に入って貼っている可能性もある。それだと、ひじょうにつまらない話になるが、それにしては稚拙で自家製感が強い。けっきょく、よくわからない。

房州というのはどこかと思ったら千葉県南部のあたりのようだ。九十六歳のていさんは千葉県出身らしい。つまり、千葉県の人は昔から遺伝子的な欠陥があり、あばら骨の数が少ない、ということを主張しているようだ。ヘイトクライムの可能性も出てきたな。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。