ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2017年2月7日火曜日

イワシの焼いたやつ(上)とワカメの味噌汁(下)である。 しぶい。


イワシの焼いたやつ(上)とワカメの味噌汁(下)である。 しぶい。

ワカメは生ワカメである。生ワカメにも種類があるようで、まだ褐色のやつである。たぶん、これが採ったままの姿だろう。これを味噌汁に入れると一瞬で緑色に変わる。見事なものだ。

昔はこれが生臭くて食えなかった。乾燥ワカメは食えたが、生のはダメだった。しかし、そのうち、平気になった。

これは慣れてきたと思っていたのだが、むしろ、味覚が老化してあまり感じなくなって平気になっただけではないか、と最近思うようになった。

ネットの記事で、子供のころは注射が痛くて大人になるとあまり痛くならないのは、精神が鍛えられたからではなく、子供は痛点がたくさんあるから実際に痛いのだ、というのを読んだからだ。

それと同じ原理で、子供は味覚が敏感で生臭さを強烈に感じているのではないか。だから好き嫌いが多いのではないか、などと考えた。


ワカメ。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。