ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2016年10月31日月曜日

高円寺、大衆食堂 福助『若鶏の唐揚げ定食』600円|世界グルメ紀行


高円寺、大衆食堂 福助である。高円寺あづま通り商店街にある。高円寺の北側の右のほうの通りだな。ここはこういう古い定食屋がいくつか並んである。並んでいるが、ちょっと入りにくい雰囲気があるのと、いつも高円寺は夕方に行くのでまだ開店していないことが多いので、どこも入ったことがなかった。

今回は夜6時くらいだったので、これらの定食屋群が開いてた。このへんは一通り入ってみたいと思っているが、とりあえず端にある大衆食堂 福助に入った。

おじいさんになりかけているおじさんと、その先代なのか、かなり高齢のおじいさんの二人でやっている。メニューはハムエッグ定食などあるのが、大衆食堂ぽくておもしろい。とりあえずいちばん目立っていた『若鶏の唐揚げ定食』にした。600円。これは安いな。

それと缶ビール350円。グラスビールとかではないのだな。最初にチンした音がしたので、もしかして温めるだけなのかと思ったが、そうではなくてなにかを解凍しただけのようだった。そこからじっくり時間をかけて、唐揚げを揚げ始めた。けっこう時間がかかる。

缶ビールを飲みながら待ってると出てきた。金属の皿が昔っぽくていい味だ。お茶が一緒にお盆に乗って出てくるのは変わっている。冷奴が付いていて、なかなかいい豆腐を使っている。600円だが、唐揚げはけっこうな分量がある。これはお得だ。

味がおもしろくて、とてもソフト。唐揚げというと味が濃くて脂っこいものが多いが、これはまったくそんなことがない。年寄り向きの味なのかもしれない。コテコテでもかまわないのだが。肉は食べた感じではモモ肉だと思うが、確認はしなかったが、皮ははずしてある気がした。

イベント性を求めてすごいものを食うというよりは、日常的に夕食を食いに来る店なのだろう。そのために飽きないようなあっさりした味になっているのではないか、などと考えながら食う。

福助食堂定食・食堂 / 高円寺駅
夜総合点★★★★★ 5.0