ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2016年5月16日月曜日

さらば甘き口づけ:ジェイムズ クラムリー|読んだ本


さらば甘き口づけ:ジェイムズ クラムリー|読んだ本

名作中の名作というやつで、この本はとくに他の作品の解説で例えとして出てくることがやたらと多い。ミステリーの評論で名前が出てくる作品のNO1ではないか。古いミステリーと現代のミステリーがあって、ここから現代が始まっている、という気がする。

 読んでみるとさすがの名作というやつで、異常に出来が良い。後半、ちょっと飽きるところもあるが、異常な緊張感と文学性が持続する。

『感傷的な』という形容詞が多くつく作品だが、思ったより突発的なバイオレンスがいきなり飛び出してくる。このへんは、この延長線上にロバート・B. パーカー などが存在してるのだな、と感じて良い雰囲気だった。

すごかったのは苦い結末。この流れで来てこういうオチをつけるとは思わなかったな。凡庸な大半の作者なら、キャラクターに愛情が湧いたり楽屋落ち的な馴れ合いの気持ちよさのために、ここまで人間を切り捨てることはできないのではないか。この人は創作にひじょうに厳しい姿勢を持ってるのではないか。

ちょっと驚いた。


さらば甘き口づけ (ハヤカワ・ミステリ文庫) 文庫 – 1988/9
ジェイムズ クラムリー (著), 小泉 喜美子 (翻訳)

内容紹介
'As sweetly profane a poet as American noir could have asked for' Ian Rankin 'A friggin' masterpiece' Dennis Lehane 'The stunner that reinvigorated the genre and jacked up a generation of future crime novelists' George Pelecanos Meet Private Detective C. W. Sughrue. Private detectives are supposed to find missing persons and solve crimes. But more often than not Sughrue is the one committing the crimes - everything from grand theft auto to criminal stupidity. All washed down with a hearty dose of whiskey and regret. At the end of a three-week hunt for a runaway bestselling author, Sughrue winds up in a ramshackle bar, with an alcoholic bulldog. The landlady's daughter vanished a decade ago and now she wants Sughrue to find her. His search will take him to the deepest, darkest depths of San Francisco's underbelly, a place as fascinating, frightening and flawed as he is. Welcome to James Crumley's America.
内容(「BOOK」データベースより)

酔いどれの私立探偵スルーはカリフォルニア州の酒場で、捜索を依頼されたアル中作家トラハーンを見つけた。が、トラハーンは怪我のため入院することになった。足止めをくったスルーは、そこで、酒場のマダムからの別の依頼を引き受けた。依頼は、10年前に姿を消したきり行方の知れない娘を捜してほしいというものだった。病院を抜け出してきたトラハーンとともに娘の足跡をたどり始めたスルーの前に、やがて、女優志望だった娘の10年間の哀しい軌跡が浮かびあがってきた…。さまざまな傷を負った心を詩情豊かに描く現代ハードボイルドの傑作。
レビュー

"Crumley writes like an angel on speed"
著者について
James Crumley was born in Three Rivers, Texas and spent most of his childhood in South Texas. He served three years in the US Army before teaching at University of Texas at El Paso, University of Montana and University of Arkansas. He passed away in 2008. His private eye novels featuring Milo Milodragovitch and C. W. Sughrue are regarded as masterpieces of contemporary crime fiction, praised by Dennis Lehane, Ian Rankin and George Pelecanos. He was awarded the Dashiell Hammett Award for Best Literary Crime Novel and the CWA Silver Dagger Award.

文庫: 452ページ
出版社: 早川書房 (1988/09)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150774013
ISBN-13: 978-4150774011
発売日: 1988/09

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。