ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2016年4月13日水曜日

『ボストン、沈黙の街』ウィリアム・ランデイ |読んだ本


読んだ本。

『ボストン、沈黙の街』ウィリアム・ランデイ

まったく聞いたことのない作家だが、これは非常に良い。処女作かそれに近い作品だったと思うが、人間描写が的確でキャラクターがよく描けている。ただ、残念なのは、プロットでどんでんがえしをして驚かせようと意気込んでしまったのか、最後に意外なオチがある。

主人公の自殺を示唆して終わるのだが、どんでんがえしをつけないで、そのまま終わらせてシリーズ化していた方がよかったと思う。いい感じの設定と人間関係が構築されたのにもったいない。

表紙のデザインはひどいな。



内容紹介

Former D.A. William Landay explodes onto the suspense scene with an electrifying novel about the true price of crime and the hidden corners of the criminal justice system. Only an insider could so vividly capture Boston’s gritty underworld of cops and criminals. And only a natural storyteller could weave this mesmerizing tale of murder and memory, a story about the hold of time past over time present–and the story of one unforgettable young policeman who ventures into the most dangerous place of all.

By a gleaming lake in the forests of western Maine, outside a sleepy town called Versailles, the body of a man lies sprawled in a deserted cabin. The dead man was an elite D.A. from Boston, and his beat was that city’s toughest neighborhood: Mission Flats.

Now, for small-town police chief Ben Truman, investigating the murder will mean leaving his quiet, haunted home and journeying to an alien world of hard streets and hard bargains, where the fierce struggle between police and criminals is fought for the ultimate stakes.

Ben joins a manhunt through Mission Flats, where cops are scrambling to find their number-one suspect: Harold Braxton, a ruthless predator targeted for prosecution by the murdered D.A. To the Boston police, Braxton is a marked man. But as Ben watches the shadow dance of cops and suspects, he begins to voice doubts about Braxton’s guilt…especially when he uncovers a secret history of murder and retribution stretching back twenty years…back to a brutal killing now nearly forgotten. As past and present collide and a bloody mystery unfolds, only one thing remains certain: the most powerful
revelations are yet to come.

Mission Flats is at once a relentless page-turning mystery and a vivid portrait of a cop’s life. Here are the street corners, courtrooms, and stationhouses; the deal makers, thugs, and quiet heroes. An unforgettable world–and the luminous, boundary-breaking debut of a new voice in suspense fiction–Mission Flats will haunt you long after the final pages.

『ボストン、沈黙の街』紹介
『ボストン、沈黙の街』は、出版前から新人離れした高いクオリティが書評誌、業界紙で評判となり、世界9カ国の出版社がデビュー作としては異例の高額で版権を取得した、まさにワールドクラスの期待作です。ランデイは、警察ミステリの伝統を踏襲しつつも、独自の視点と驚くべき構成力で、ギャングと警察の密接な関係、くせのあるキャラクター達の心の闇を鮮やかに描き、まったく緩みのない素晴らしいエンターテイメント大作を書き上げました。特に中盤以降の二転三転する急流のような展開や驚愕のエンディングは、強力なテンションをもって読者を圧倒すること請け合いです!

アクションに満ち、何よりもエンディングのサプライズは白眉である。登場人物も魅力に溢れ、このデビュー作はすでに超一級品だ
──フィリップ・マーゴリン 
『黒い薔薇』の著者

ミステリ界に新しいヴォイスを吹きこむ、驚くべきデビュー作だ。しびれるようなアクション、活きのいい文体、忘れがたい登場人物達。その壮大なスケールの世界に一歩足を踏み込んで欲しい!
──エドガー賞作家、リック・リオーダン
『ビッグ・レッド・テキーラ』の著者

独創的かつサスペンスに満ちた素晴らしいデビュー作。ポーカープレイヤーの冷徹さで、ランデイは創作というゲームに勝利を収めた。心が張り裂けそうな、だが至福に満ちた読書が堪能できる。
──パブリッシャーズ・ウィークリー(★付)

登録情報
    文庫: 651ページ
    出版社: 早川書房 (2003/09)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4151742018
    ISBN-13: 978-4151742019
    発売日: 2003/09
    商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 3 cm 



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。