ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2015年7月3日金曜日

ウェブリブログからBloggerへの引越


NEC BiglobeのウェブリブログからGoogle Bloggerへの引越。音楽用のブログを引っ越している。途中である。

上が新しいブログ。

『ホラー漫画家・神田森莉 自宅録音ブログ』
自宅録音の紹介をします。Recording Audio At Home、変な音楽、録音機材、我が家の楽器。
http://recordingjp.blogspot.jp/

下が古いブログ。

『ホラー漫画家・神田森莉 変な音楽』
自作楽器、民族楽器、教育用楽器などで演奏された、スイートな脱力音楽と、我が家の楽器を紹介します。
http://mankos.at.webry.info/

引越にあたってタイトルもより検索に有効なように内容にあったものに変えた。旧ブログの『変な音楽』というワードもGoogleで一時は二ページめくらいにいたのだが、ほぼ検索からのアクセスはゼロだった(昨日見たら消えていた)。

引越の理由だが、思ったより音楽機材の話題の更新しているので、この先も記事が増えて行くだろうということで、もっとまともなブログに行こう、ということである。それと、この先の20年くらいのスパンで人生を考えると、よりネットに依存した経済活動と表現活動になるだろうし、ようするにアルファーブロガー化して行くしかない、という結論に達した。その計画の一段階としての引越なのである。

ところでBiglobeのウェブリブログだが、これはこれでこじんまりした感じで、しかも容量がなぜか無駄に多く数ギガもあったりして面白いのだが、基本的にプロバイダーを契約したら付いて来る無料ブログの位置づけで、本格的には使いものにならない。

ウェブリブログのばかばかしい点はいろいろあるが、それを箇条書きしてみよう。

(1)予約投稿する程度の機能が有料化しないと使えない

(2)今時CSSもHTMLもほとんどいじれない

(3)有料化しないと独自ドメインが使えない

(4)目立つところにどかんと広告が入る

(5)引っ越しときに画像をダウンロードする機能がどこにも見当たらない

(6)さらに画像をアップする時に一度に一枚しか上げられない。

(6)だが、これは複数画像をまとめて選択してのアップができない、というレベルの話ではない。一枚アップするだろう。すると画像一覧ページに戻る。それからまた画像アップロードボタンを押して一枚アップするのである。これを枚数分、繰りかえすのである。何かの冗談だろうか。画像アップロードの棚を複数作ると言う発想がNECのプログラマーは思いつかなかったのだろうか。ちょっと目を疑う仕様だ。

ざっと思いついただけでこれだけ出て来た。これだけでも本格的使用には耐えられない、あくまでもプロバイターのおまけの無料ブログですよ、という位置づけがわかるであろう。ようするにNECという大会社なので、『ウェブリブログではもうけなくていい』という殿様商売なのだろう。

おそらく、ネット黎明期の基準でブログサービスを作りそのまま変えないで来てるのではないか。ネット黎明期には無料なしで有料ブログのみのタイプパットみたい会社もあった(俺も使ってたが)。

 それで上のブログである。やはり、下に比べると横幅を広げられると広々としていてずっと良いのがわかるだろう。下のウェブリブログのタイプの左右が空いていて中央にかたまっているテンプレートって、ネット黎明期のネット回線の速度が遅かった時代の産物ではないか。Yahooブログなど、古いブログにこのタイプが多い。当時は大きな画像を載せられなかったので、画像の大きさにあわせてこのテンプレートになっていたのではないか。

黎明期の感覚のまま進化しなかったブログ= ウェブリブログというところなのではないか。


旧ブログ。


それで引越だが、いろいろ調べて考えた。最後まで有力候補だったのがライブドアブログ。上の画像。調べた範囲では、ここだけがウェブリブログの記事を画像ごと引っこ抜ける。

 ライブドアブログも良かったが、やはりBloggerで一括管理しようと言うことになった。画像だが、一度ライブドアに引っ越して、ライブドアから画像をダウンロードすればいいではないか、とも思ったが、もっとシンプルにウェブリブログに画像を置いたまま、外部表示という形でBloggerに載せることにした。

将来、プロバイターを引っ越すとなると、その時にまたどうにか画像を引っこ抜いて、さらにBloggerの記事の画像アドレスを書き替えないとならないが、当面ないと思うので、日本の年金問題のように先送りして解決と言うことにした。


それで、Bloggerだがxhtmlなどというふざけた規格をここは採用している。そのためにウェブリブログからエクスポートしたファイルを変換しないとならない。そのためのサービスがあるようだ。これ。

MovableType2Blogger conversion utility
http://movabletype2blogger.appspot.com/


調べててたまたま見つかったから良かったもの、そのまま文字コードだけあわせてやっていたら、文字化けだらけで苦しんでいたことだろう。それで、これを使って引越をした。

それでもやはりいくつかは文字化けが出た。さらにYouTubeの動画やmp3をたくさん載せているのだが、それらがウェブリブログ独自タグらしい </mp3>なんてのを使っていることが判明したので、結局は全体をざっと移動して、細かいところは一記事ずつ開いて書き直しということになった。

176記事くらいなのでたいしたことはないが、半分くらい消化したところである。


ついでにウェブリブログとBloggerの管理ページの比較。

 ウェブリブログのログイン後の画面。田舎臭くてもっさりしている。このアバターがアメーバーピグなどに比べると、いかにもデザインが悪くて糞である。こんなのやっているやついるのだろうか。目が腐ってるのではないか。

管理ページの動作はとても軽い。でも、ブログ自体は激重い。Bloggerも重いのだが、それに輪をかけて重いのがウェブリブログである。それも引越理由の一つではある。


書き込み画面。まあ、普通である。独自タグを使っていたというのは、まいったな。


 こっちがBloggerのログイン後の画面。複数ブログを一括管理するには便利なんだな。もちろん、欠点は各社それぞれあるのだが、長くなるので書かない。

Bloggerのポイントは有料化しなくても独自ドメインを使えること。あんがい、アダルト以外のサイトは、こっちのほうが普通のようだ。というわけで、一般ジャンルのブログの独自ドメイン化も頭に入れての今回の行動なのである。


 記事を書くところ。ここは外国らしくやたらとシンプルだな。管理ページの動作はちょっと重い。


最後にBloggerのへんなところ。上のように各国ごとに別なURLで表示される仕様のようだ。このブログも作った時は『http://recordingjp.blogspot.com/』だったが、しばらくすると『http://recordingjp.blogspot.jp/』に変わっていた。

それがSEO的にどう影響があるかはわからないが、Googleからの検索には異常に弱い。ネットで見ていると、Bloggerに引っ越したばかりの人が知らないで『Google社の子会社なので検索に強いらしい』と書いてるのをいくつか見たが、どういうわけか逆でとても弱いのである。

上の国別URLが関係してるらしいという話も聞いたがよくわからない。ただ、そのために英語で海外向けに発信するときなどは、有利な気はする。

あと、へんなところで半角が入る。このブログもときおり、へんなところで半角スペースが空いてると思うが、Bloggerの仕様で行頭にスペースが入るのである。あとで文章を書き直すとそのままスペースが移動するよ うだ。←このように(やらせ)。英語じゃないんだからやめてほしいな。

にほんブログ村 漫画ブログ ホラー・怪奇漫画へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。