ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2015年6月10日水曜日

不味そう飯料理教室『小麦粉と牛乳だけのノンオイルクッキー』である!


不味そう飯料理教室『小麦粉と牛乳だけのノンオイルクッキー』である!

せんじつの『レシピを見ないで作るサラダ油クッキー』(http://kandamori.blogspot.jp/2015/05/blog-post_91.html) がひじょうに成功だったので、またオーブンで粉ものを焼いてみた。こんかいはさらに危険度が高い。油すら入れないのである。たぶん、入れなくても大丈夫な気がしたのだ。

できあがりだが、クッキーだがパンだかわからないものができた。しかも、こんかいも予想以上に大成功である。これはいいな。オーブンで粉のお菓子。

あと、卵も入っていない。なかったからである。


 材料、牛乳と薄力粉である。そこに砂糖とベーキングパウダーも入れた。ボールでまぜてから、まな板に打ち粉をかけて、そのうえでこねる。


いっけん、めん棒のように見えるがすりばちのスリコギ棒である。めん棒は使用頻度が少ないので買う予定リスト入りはしていない。それより、もっと大きいサイズにスリコギ棒が欲しい。

けっこう良い感じにこねられた。かなり固めにこねる。


 パイ皿に油を塗って、丸く伸ばしたのを乗せる。


 焼く。170度で30分。

オーブンの余熱モードの使い方がようやくわかった。オーブンボタンを押して温度を設定してスタートボタンを押す。すると中の温度が設定温度になったらブザーで呼んでくれるので、開けて中に焼く物を入れる。

蓋を閉めてふたたびスタートを押す、である。これを理解するのに10年かかった。 やはり、電子レンジ+オーブンという機械だと仕組みが複雑化してしまう。単体の専用機の方が良いのではないか。


 30分後。良い感じに焼けた。


ふくらし粉を入れてるので、ちょっと膨らんである。おもったよりパンに近くなった。

世界にはこういうパンもあるのではないか。イースト菌を使わないので速くできるから、余裕のない開拓時代の人々の食卓とか、紀元前のよくわからん世界のパンとか。ナンにも近い気がする。

あと、やたらとナチュラルでヘルシーなので、ロハスな人々とかビーガンなどにもいけるのではないか。


できあがり。


中はこんな感じ。外側は固くてクッキーのようで、中は固めのパンのようになった。また、名前のない料理をつくってしまった。味は非常にうまい。

にほんブログ村 漫画ブログ ホラー・怪奇漫画へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。