ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2015年5月31日日曜日

不味そう飯料理教室『レシピを見ないで作るサラダ油クッキー』である!


 不味そう飯料理教室『レシピを見ないで作るサラダ油クッキー』である!どうでしょう。いかにも危険そうですよね。

ところがこれが異常にうまく行ったのである。あんがい、簡単だったクッキー。 ちなみにクッキーは作ったことがない。しかし、料理の本は趣味でよく読んでるのでだいたいの作り方のイメージは頭に入っている。もちろん、作るにあたってレシピを見たりはしない。想像で充分である。

材料は薄力粉、卵、砂糖、サラダ油。

もちろん、バターは使わない。高いからな。できあがりはサラダ油でもまったく問題なかった。むしろ、ヘルシー? なぜ、いちいちめんどくさいバターなど入れるのか。砂糖だが、けっこうどばっと入れて入れすぎたかと思ったが、焼けてみたらむしろ控えめな甘さ。

市販のクッキーはやたらと甘いのがあるが、あれはどれほど大量に砂糖を入れてるんだ、というのがわかった。味だが、業務スーパーの小麦粉にも関わらず(大量製造の安物という意味)、ナチュラルで自然食品っぽい素朴な味。

アメリカの開拓時代はパンを焼く時間がなかったので、食事用のビスケットだかクッキーだかスコーンだかを焼いていたらしいが、たぶんこんな感じだったのではないか。これなら、目玉焼きやベーコンとあいそうだ。


 材料。


まぜる。


こんなふうになった。


パイ皿があるので使う。油を塗る。このあと、ティシュで伸ばした。


こねてる。よくわからないが、ウドンみたいかんじでいいのだろうか。


ウドンを作ってると思いそうになるのをこらえる。


切る。たぶん切るのではないだろうか。


平らにして並べる。

 オーブンで焼く。そもそも、このオーブンの使い方が良くわかってない(10年使ってるのだが)。余熱をしてから、180度で23分。たぶん、これくらいで良いのではないか。


焼いてる。心配で見に来た。


焼けた。いがいなことにクッキーができた!熱いのですぐには出せない。


できあがり。市販されてるやつより、自分で作った方がずっとうまかった。これはおもしろい。オーブンの使い方もだいたいわかったし、このバリエーションがいろいろできそうだ。


ほくほくしてる。スコーンのような気もする。

にほんブログ村 漫画ブログ ホラー・怪奇漫画へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。