ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2015年4月10日金曜日

今日のSF『創世記機械』ジェイムス・P・ホーガンである!しつこく、まとめてホーガンを読んでいる。


今日のSF『創世記機械』ジェイムス・P・ホーガンである!しつこく、まとめてホーガンを読んでいる。この次もホーガンだ。

まとめて読んで来てわかった点が3つある。

(1)こう見えても意外とエンターテイメントである。もっと難解な印象があったが、ちゃんとエンターテイメントとはなにかがわかってる。あんがい、ドラマ作りがうまい。

(2)思想的には左翼でも右翼でもなく中道な感じでちょうど良い。

(3)現代SFの道につながってる作家だが、世代的にはけっこう古いので黄金期の作家の牧歌的なもののしっぽくらいが残っている。

『創世記機械』はその(3)の牧歌的な部分の印象が強く、中盤から後半の問題の解決も、これは現実ではもっといろいろなトラブルが出て来るのではないか、もう少し考えてから決断した方が良いのではないか、という気がしなくもない。もちろん、ひじょうにおもしろい。

にほんブログ村 漫画ブログ ホラー・怪奇漫画へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。