ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2015年1月8日木曜日

世界グルメ紀行『スペイン料理 コスタ・ブラバ』笹塚、観音通り商店街である!


 世界グルメ紀行『スペイン料理 コスタ・ブラバ』笹塚、観音通り商店街である!

スペインである。なぜかスペイン料理は高い。『本格的スペイン料理』と名乗って都心にあったりすると予算が2万円から3万円などというふざけたバブルな価格が出てくる。そういうものを食っている人間が苦しみ抜いて死にますように。

このスペイン料理が高い、というのはどういう経緯があるのだろうかという興味があるが、よくわからない。映画で見るとスペインはスプラッターとヘビィメタル好きしかいないB級な国という印象で、食い物も安くても良いと思うのだが。

それでこの店だが、そこらへんの店なのであまり高くない。それで行ってみた。画像はパエリアである。 とくにどおってことはない店なのだろうと思うが食ったことがないものばかり出て来る。とくにデザートがすごかった。なぞだったな。プリンが今のプリンとは違う別なものになっている。本来はこんな姿だったのだろう。スペイン料理と言うものもおもしろいものだ。

気軽に行ったのでメインと前菜くらいのつもりだったが、やはりそれでは足りない感じで細かいものをいろいろと飲み物いろいろになって、けっきょくけっこうな値段になった。がっつり系やラーメン類のようにメイン一品(とたまにビール)というわけにいかないので、やっぱり金はかかるな。

パエリアももちろん食ったことはない。ムール貝が乗ってるが、これは北海道では岩盤にいくらでも張り付いていて希少価値がないのでだれも採らない。食うとたまにクズ真珠が入っていてばりっと言ったりしたものだ。

このエビが殻が柔らかくて頭から食えるというもの。スペインのエビは日光浴が足りないのか。エビの皮をむくのはひじょうにめんどくさいのでたいへんに良い。


 アヒージョである。アヒージョは食いたいと思っていた。アヒージョは流行のようで、どこを見てもアヒージョアヒージョと言っている。オリーブオイルで煮るなんてことをしたら、部屋の床がべたべたになるので家ではぜったい作りたくないものだ。食べ終わったあとの油をパンに付けて食べた。


 イベリコ豚のなんとか。シェリー酒をふんだんに使っているので、おもしろい味がする。


 サングリアの赤。


 ニンニクスープ。豪快なクルトンの量、というか硬くなったパンだろうか。たぶん、昔の人間が硬くなったパンをどうにか食わなくては、と思いスープで入れて食っていた、という料理なのだろう。家で作ったら、どう見ても不味そう飯になってしまうこと、請け合いである。


これが、なんとか風プリン。柑橘類の皮と食べた食感ではたぶん小麦粉あたりが入っていると思う。連れが頼んだのが、カラメルとシロップのプリンでこれまた不思議な食感だった。コンビニのプリン屋もこういうへんなのを出したら楽しいと思うのだが出さないだろうな。


スペイン料理 コスタ・ブラバ
http://www.sasahata.com/shop/j063/
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1丁目15−5
03-3465-5255
平成11年の6月にオープン致しました「スペイン料理」店
"Costa-Brava"です。
白を基調とし石をアクセントに、落ち着いた雰囲気で、お食事を楽しんで頂いております。
当店では化学調味料など一切使用せず、サングリアからお料理、デザートに至るまで全て自家製ですので、お客様に安心して召し上がって頂いております。
営業時間
    ランチタイムPM0:00~PM3:00
    ディナータイムPM6:00~PM11:30(ラストオーダーPM10:30)
定休日
    水曜日
TEL
    03-3465-5255
住所
    渋谷区笹塚1-15-5 201
サービス情報

 クレジットカード: アメリカンエキスプレス・JCB・VISA.MASTER

にほんブログ村 漫画ブログ ホラー・怪奇漫画へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

コスタ・ブラバスペイン料理 / 笹塚駅東北沢駅代田橋駅
夜総合点★★★★★ 5.0