ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2014年12月27日土曜日

世界小走り紀行。『甲州街道〜塚山遺跡〜高井戸』である!


世界小走り紀行。『甲州街道〜塚山遺跡〜高井戸』である!

すごい。遺跡に小走りしてしまった。 寒いが昨日も3時から小走る。ダウンジャケットとマフラーと手袋を装備。最終地点が高井戸でオオゼキで買い物もしたので全行程三時間。ここまで来たら戻るのがたいへんなので井の頭線で帰る。

明大前方向に向かい甲州街道沿いの肉マン屋で肉マンを買う。甲州街道沿いを進んで環八を高井戸方向に曲がったつもりだったが、あとで地図を見たらぜんぜんたどりつけてなくて、かなり手前で曲がっていたようだ。

そこから住宅地の中の交通量の多い道路を進んで公園でトイレに入ろうとしたら、遺跡があった。 塚山遺跡というものらしい。復元された住居である。なかなか本格的でこんなところにあるとは驚いた。

中に入ったらセンサーで人を感知して明かりがついたので慌てる。ガラスの向こうにはたき火で肉を焼いて食っている古代人の模型が。獣は捕まえるのがたいへんそうなので、肉より野菜や木の実を多く食っていたのではないか、という気がするがうまそうに食っている。

トイレに入って出てしばらく行くと神田川に出た。高井戸のランドマークタワーになっている煙突が近くに見えたのでそっちに進む。買い物もしないとならないので、高井戸のオオゼキで買う。わざわざ、高井戸で魚を買って電車で帰るというのが風情がある。

高井戸は井の頭線の中間地点である。そんなに疲れていないので、ちょっとがんばれば吉祥寺まで小走りで行けると思う。身体は大丈夫だと思うが、時間がかかるのでそのうちいずれだな。



 猪とか鹿の肉だろうか。良いものを食っている。


 塚山遺跡。


縄文時代中期の復元住居。


幻想的である。センサーで数分は中の明かりがつくのだが、また切れるので、シャッターを押す前に暗くなりガラスが反射してしまった。

杉並区 施設案内 - 塚山公園
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/map/detail.asp?home=K01620
  [住所] 〒168-0073 下高井戸5丁目23番12号
  [電話番号] 03-3302-8989
■公園の名称・規模
【名称】塚山公園(つかやまこうえん)
【所在地】下高井戸5丁目23番12号
【開園年月日】昭和63年3月31日
【面積】28,700.67平方メートル
【その他】だれでもトイレ有り、流れ有り、複合遊具有り。
■公園の概要
○縄文時代の遺跡
面積2.87ヘクタール。
この地では、昭和7年頃から土器や石器が出土し、その後多くの竪穴式住居跡が発見されたことから縄文時代中期の遺跡のあるところとして知られていました。

公園になる前はある新聞社が所有する農場で、それを昭和48年に国が取得し、官舎の建設計画を発表しました。
これを契機に地元で遺跡と樹林の保存運動が起こり、議会と区民が協力して国に働きかけた結果、公園をつくることで払い下げになったものです。


 悪そうなドラえもんである。鼻から出てるのは憤慨した鼻息だと思われる。残念ながら古代人が描いたものではなく、高井戸の駐輪場の横のトンネルの壁に描かれている小学生の壁画である。


悪ドラえもんがもう一匹いた。


これもさんざんだな。古代人が遺跡から出張してきたと思われる。ほんとうはこんなに醜かった古代人である。古代人ヘイトか。


 甲州街道沿いの公園。地面からつきだしている謎のワイヤー。これで通りかかった鹿や猪や子供を転ばせて、痛がっているところを古代人が襲いかかって焼いて食うのであろう。危険な野生の古代人対策が必要なのではないか。


でかい寺。古代人の怨念を鎮めるために建てられたのあろう。


古代人がしていたと思われる手袋が落ちていた。通行人を襲う時に刃物を握りやすいように脱いだのであろう。


 公園がまだ続く。元玉川上水の上が公園になってるので果てしなく続く。船があった。


 今日の廃屋。あまり見えないが、崖の上に立っていて下が中空になっている。


 良い味を出してる豚。


公園がようやく終わって住宅地の中の閉店した電気店。古いシャッター。


 高井戸のランドマークタワーの煙突。下はこんな近未来的になっていたのか。 プールとかピアノ室がある公共施設になってるようだ。


高井戸の歩道の地面にとつじょ現れる金網。いったいどの地下からの非常出口なのかが気になるところ。地下鉄のような地下施設がこの下にあっただろうか。



井の頭線のホームから写した高井戸。その昔(30年前)、大原真理子のSF『ブルーシールズマジックサンデー』だかなんとかいう一連のシリーズが好きで、その主人公が住んでいるのが『リーベンス下高井戸』。それで上京して記念に高井戸を見に行ったのだが、こんな殺風景なところだった。

 こんなところに住んでいるという設定なのか、と長年思っていたが、さいきん下高井戸によく行くようになってこっちは古い商店街でまったく雰囲気が違うのがわかった。下北沢と上北沢がまったく違うようなものだな。

大原真理子は今は、違う方向に行っちゃったという感じかな。


にほんブログ村 漫画ブログ ホラー・怪奇漫画へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。