ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2014年12月12日金曜日

世田谷グルメ紀行『天然とんこつラーメン 一蘭 下北沢店』である!


世田谷グルメ紀行『天然とんこつラーメン 一蘭 下北沢店』である!

とうとう行った。評判が良いので気にはなっていたがシステムが複雑そうなのであとまわしになっていたのである。食い物屋と言うより、むしろアミューズメントパークに行ったような気分になった。ややこやしそうだったが、店内の紙や店員の説明が適切で親切だったのでわかりやすく迷うものはなかった。

入り口で食券を買う。空席が電光掲示板で表示されている。メニューはとんこつラーメン一種類のみである。博多ラーメンは量が少ないのでご飯も頼んだが、けっきょく替え玉も頼んだ。 中に入るとパーティーションに区切られた個室居酒屋のような謎のカウンターになっている。全体も店員も向かい側の客も見えないのである。

紙に細かい注文を書いて壁の隙間から渡す。ラーメンが来たらこの隙間がのれんでふさがれるのでなにも見えなくなる。替え玉は箸の袋に書いてボタンを押して注文するのである。不思議な世界だった。

ラーメンだけならいいが、ご飯も置くとひじが壁にぶつかって狭い。あと、椅子が固定で狭くて足が組めない。味はスープが非常に濃厚でトンコツの風味があり、これはうまい。

 特徴的なのは博多ラーメンは、高菜漬けなどいろんなものがテーブルに乗っているものだが、ここはなにもない。調味料もない。麺の具もない。ネギとチャーシューだけである。でも、トンコツスープが非常に濃厚なので、それだけで十分な満足感がある。


 壁の前。


右側。


左側。


替え玉。


天然とんこつラーメン 一蘭 下北沢店(関東)
http://www.ichiran.co.jp/html/kt_shimokita.html
‎〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目14−10
03-3410-8260

天然とんこつラーメン専門店 一蘭は「世界一とんこつラーメンを研究する会社」です。
一杯の味をより深く極め、本物のとんこつラーメンを追求するために、
メニューを多様化せず、とんこつラーメン一本に絞り込んでおります。

一杯のラーメンに携わる専属職人は四十人以上。
お客様により美味しく安心してお召し上がりいただくために、
安全で上質な食材にこだわり、 熟練職人による製法にこだわり、
常に本物の美味しさを追求し続けております。

また、お客様に少しでも喜んでいただけるように、環境にもこだわりながら、
日々知恵を絞り、緻密な研究心を持って様々なアイデアを生み出しております。

にほんブログ村 漫画ブログ ホラー・怪奇漫画へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。