ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2014年6月22日日曜日

世田谷小走り紀行。 馬事公苑の前まで行った。往復三時間。



 昨日の小走り。前日の逆のコースで赤堤から経堂まで行ってみる。寄り道をしないで行くと30分で着いた。思ったより近い。画像が逆さまだ。


 天気が良いのでもっと行くことにした。農大の方に行く。農大らしかったのはウンコ臭い一角があったことだ。埋め立てていたが、たぶん、堆肥のための肥だめがあったのだろう。それとも馬や動物の糞か。


 農大の博物館。巨大な鶏。いまだに開いてる時間に来たことがないので入ったことがない。

 東京農業大学「食と農」の博物館 〒158-0098 東京都世田谷区上用賀2-4-28.
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/
TEL:03-5477-4033/FAX:03-3439-6528.
東京農業大学「食と農」の博物館内 展示温室バイオリウム (財)進化生物学研究所・進化生研友の会. TEL:03-3420-7449.



 バイオ温室なるものがある。入れるようだ。ここも今度入ってみよう。


馬事公苑。5時に閉まるのでここも入れない。ここも前に来たときも入れなかった。馬がいるのでおもしろそうだ。農大の博物館、温室、馬事公苑と見るところが多いので、今度、ちゃんと来てみようと思う。
 馬事公苑
http://www.jra.go.jp/bajikouen/

住   所: 〒158-8523 東京都世田谷区上用賀2-1-1
電   話: 03-3429-5101
開苑時間: 9:00〜17:00(11月〜2月9:00〜16:00)
*7月8日(火)は、苑内工事のため休苑いたします。

馬運車という言葉がこの世にあることを知った。


敷地はすごく広い。一周してみた。1600m。なかなかハードだった。


 さっきの鶏の本物。農大の博物館の前によく見ると鶏小屋があった。


 この横にチャボの小屋もあった。チャボは鳴き声がひよこみたいでかわいい。ひよこもいた。


農大生はよくゲロを吐くようだ。

問題は帰り方だ。交通機関を使うと、うちからはとても行きにくい場所にある。経堂まで歩いて小田急線で帰ることにした。経堂でカツカレーを食べて水をこぼして、あわてた。全行程で3時間の旅。