ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2013年4月7日日曜日

戦争の親玉

おなじみのレンジでチンする唐揚げ粉である。先日まで使っていたのは、油を使わない唐揚げ粉だった。今度はフライパンも使わないのである。

ところで、カタクチイワシというのは安い。しかし、身が柔らかいので、私のように油をけちって炒めるように唐揚げにすると、どうしても身が崩れて生ゴミのようになってしまう。生ゴミのようでもイワシはイワシで味は同じなので差別はいけないと思う。つまり、カタクチイワシの身が崩れたのを食べない奴が戦争を引き起こしているということである。

いや、そういう話じゃなくて、 「レンジでチンする唐揚げ粉」なら動かさないので良い感じにカタクチイワシの唐揚げが出来るのではないか。そう思って買って来たのだ。やった。意外と美味しい。しかし、なにかに似てるなと思ったら、メザシである。

ああ、これは粉をかけて電子レンジで焼いたメザシなのだな、と思った。