ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所
↓新着記事と姉妹サイトの更新情報です↓

2017年3月25日土曜日

30センチくらいある巨大ニシンの塩焼き。


 ニシンである。京王ストアで買ってきた。京王ストアは、よそと同じ物がより高く売っているという、困ったスーパーマーケットだが、冷蔵関係のものだけはなぜか安い。この解凍ニシンもやたらと巨大で200円。悪くない値段だ。大きすぎて更に収まらない。

それとニンジンなど。

喉風邪が最後の最後の段階に差し掛かったようだ。3週間くらいひいてたな。いまだに夜になると咳が出る。



にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年3月22日水曜日

スウェーデンのミステリー作家、ヘニング・マンケルの『白い雌ライオン』|今日のミステリー


 スウェーデンのミステリー作家、ヘニング・マンケルの『白い雌ライオン』である。ヘニング・マンケルでは、一番最初か二番目に読んだ小説だったと思う。知らない人なので緊張して読んだ覚えがある。相手の出方をうかがいながらというか、 どのくらいの力量か測りながら読むというか。

それで、これがすごい傑作だったのである。 ぜんぜん知らない人でも、すごい人がいるんだなあ、と思った。どれくらいの知名度があるんだろうか。

南アフリカとスウェーデンと舞台にした話で、ポイントは主人公の警部が最後までアフリカに行かないところ。これは、ちゃんとリアリティを重視してる話なので、田舎の一警察官がアフリカに出張して活躍するのは、予算的にありえないのではないか、などと考慮したのではないか。

ヘニング・マンケルはアフリカにも住んでいたので、アフリカをリアルに描写する自信がなかった、というわけではないと思う。もっと力を抜いた大衆娯楽小説なら、さくっと警部がアフリカに飛んで大活躍、となりそうなところだが、そうしないところが、ヘニング・マンケルの手強いところである。


白い雌ライオン (創元推理文庫) 文庫 – 2004/9
ヘニング マンケル (著), Henning Mankell (原著), 柳沢 由実子 (翻訳)

内容(「BOOK」データベースより)
スウェーデンの田舎町で、不動産業者の女性が消えた。失踪か、事件か、事故か?ヴァランダー警部らは彼女の足取りを追い、最後に向かった売家へ急いだ。ところが近くで謎の空き家が爆発炎上、焼け跡から黒人の指と南アフリカ製の銃、ロシア製の通信装置が発見される。二つの事件の関連は?スウェーデンとロシア、南アフリカを結ぶ糸は?CWAゴルードダガー受賞シリーズ。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
柳沢/由実子
1943年岩手県生まれ。上智大学文学部英文学科卒業、ストックホルム大学スウェーデン語科修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年3月21日火曜日

逆光になっている猫。首輪の鈴が外れたので直すついでに、しばらく首輪を外してみた。こういう毛の長い猫は首輪が似合わない。外したのでいつもよりふかふかしている。


逆光になっている猫。首輪の鈴が外れたので直すついでに、しばらく首輪を外してみた。こういう毛の長い猫は首輪が似合わない。外したのでいつもよりふかふかしている。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年3月20日月曜日

首輪を外してる猫。ふさふさ加減のちがいがわかるだろうか。思ったよりあまり変わらない。


首輪を外してる猫。ふさふさ加減のちがいがわかるだろうか。思ったよりあまり変わらない。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

靴下置き場になっている猫。なかなか抵抗しない。このままの状態で30分くらい寝ていた。


靴下置き場になっている猫。なかなか抵抗しない。このままの状態で30分くらい寝ていた。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年3月19日日曜日

床暖房で暖かい猫。喉が痛いのでエアコンを切って、床暖房を二面つけている。電気代がえらいかかるが仕方ない。猫は大喜びだ。


床暖房で暖かい猫。喉が痛いのでエアコンを切って、床暖房を二面つけている。電気代がえらいかかるが仕方ない。猫は大喜びだ。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

鮫カレー。肉と見せかけて鮫である。モウカザメ。


鮫カレー。

肉と見せかけて鮫である。モウカザメ。鮫の肉はなかなか安い。これで160円くらい。意外とくせはないが、でも、やはりちょっとある。ダシがよく出るので東北では汁物に使うとか。

唐揚げなどにするのが一番無難だと思うが、なんにでも使えそうな気配があるのでカレーにしてみた。ストレートなカレーというより、サメと玉ねぎのカレー炒めという感じである。

喉がずっと痛いので大量にすりおろし生姜を放り込んだ。まあ、けっこううまい。風邪は二週間目に突入。あとは喉だけなんだけどな。


それと大根と豆腐の味噌汁。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年3月18日土曜日

アスパラとかブリの照り焼きとかホタテの稚貝の味噌汁とか。


アスパラとかブリの照り焼きとかホタテの稚貝の味噌汁とか。

ブリの照り焼きは毎回黒焦げになるので、アルミホイルを乗せて焼いた。すると今度はまったく焼けなくなるのだな。時間をかけて焼いた。テフロンフライパンで焼くという手もあるが、それだとちょっとべたっとした、仕上がりになる。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年3月17日金曜日

シャコの刺身と牡蠣のトマトスープ。


シャコの刺身と牡蠣のトマトスープ。スープというかシチューというか。

高円寺に猫の餌を買いに行った。人間の餌も買ってくる。珍しく安いシャコがあった。200円くらい。子供の頃はよく食ってたと思うが、自分で買うのは初めてではないか。高円寺の駅前の魚屋で購入。牡蠣も安かった。

一週間くらいずっと風邪をひいている。なかなかしつこい。頭痛や身体がだるくなる一般的な風邪の症状から、喉が痛むだけ風邪に移行したので、すぐ治るかと思ったら、ここからが長い。というか、まだ治らない。

喉風邪もひどくなると咳ばかり出るので布団で眠れない。おかげで三日くらいソファで寝ていた。ソファだとどういうわけか咳が出ない。今朝は久しぶりに布団で寝た。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。

2017年3月13日月曜日

おざなりな感じのスパゲティー。それとほうれん草。


おざなりな感じのスパゲティー。それとほうれん草。

風邪の回復期で休みながら仕事をする。びろうな話だが、痰の色が変化してきて、最初は血がまじって赤かったのが、緑色になり、今では薄い黄色になった。ひきはじめが先週の月曜日だとはっきりわかっているので、一週間かかった。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。